日本代表 ユニフォーム 96 ホーム 半袖 ▼#10番 大空翼 通販!

今回は「日本代表 ユニフォーム 96 ホーム 半袖 レプリカ ▼#10番 大空翼」を簡単に紹介します。日本代表 ユニフォーム 96にご興味がある方は是非ご覧ください。

まずは日本代表 ユニフォームの基本情報は簡単に紹介します。

日本代表 ユニフォームとは、サッカー日本代表の選手たちが団体競技で必須のそろいの服装です。日本代表 ユニフォーム ホーム 半袖の伝統色は青とします。後付の説明によると、青は「日本の国土を象徴する海と空の青」を表しています。

日本代表 ユニフォーム 96 ホーム 半袖は伝統的の青を採用されました。袖の炎が少し小さくなったマイナーチェンジモデルです。フロントは特定な柄が入り。日本国旗、協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。協会エンブレム下の「JAPAN」の文字とメーカーロゴは刺繍。写真イメージは下記通りです。

写真表記は▼#10番 大空翼をマーキングしているユニフォームです。ご存知のように、大空翼は、漫画「キャプテン翼」に登場する架空のサッカー選手。ポジションは【小学生編】ではCF、【中学生編】以降はMF。日本代表ではA代表を除く各世代でキャプテンを務めていました。

漫画「キャプテン翼」など、日本代表を応援する方は早速「日本代表 ユニフォーム 96 ホーム 半袖 ▼#10番 大空翼」を持ち帰りましょう。

日本代表 ユニフォーム 98 アウェイ 半袖 激安通販 在庫あり

日本代表 ユニフォーム。1998モデル。アウェイ ユニフォーム。レプリカ仕様。

背景:記念すべきワールドカップ初出場モデル。袖の炎が少し小さくなったマイナーチェンジモデル。1998FIFAワールドカップフランス大会で「asics」がサプライヤーを担当して発表した。

商品特徴:

1.日本代表 ユニフォーム 1998 アウェイ 半袖は白を基調にデザイン、総体言うと、シンプルな感じ。

2.現在のVネックユニフォームと違い、ポロネックを採用しました。

3.当時(1998年)の協会エンブレムも現在と違います。

4.国旗などは入りません。

通販価格:4125円

マーキング:可能

素材:ポリエステル100%

機能:通気性速乾/通気性抜群

サイズについて:
■Sサイズ:身長165-170cm、胸囲100cm、着丈69cm、体重60kg以下
■Mサイズ:身長170-175cm、胸囲105cm、着丈73cm、体重70kg以下
■Lサイズ:身長175-180cm、胸囲110cm、着丈76cm、体重80kg以下
■XLサイズ:身長180-185cm、胸囲115cm、着丈79cm、体重90kg以下
*広げた状態でのおおよそのサイズです(ご参考までに)。

購入手続きへ

日本代表 ユニフォーム 2018 ホーム 半袖 発売中

日本代表 ユニフォーム。2018モデル。レプリカユニフォーム。ホーム 半袖。2018FIFAワールドカップロシアに向け。

【メーカー】アディダス

【カラー】勝色

【素材】ポリエステル100%

【デザイン】
・サッカー日本代表ホームユニフォーム、レプリカのため、余裕のあるシルエットを採用しています。
・カラーには日本の伝統色である深く濃い藍色を意味する「勝色」を採用。
・伝統的な藍染めとジャパンブルーの原点に立ち返ることで日本の勝利をイメージ。
・デザインには歴史を防ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用。
・初出場から20周年を迎えた節目の年を迎え、これまでの歴史を築いてきたあらゆる選手、スタッフ、サポーターの思いを防ぐ、ロシア大会へ挑むというメッセージを込めている。
・首元vネック部には、侍の着物の前合わせ部分をイメージした形状に、日の丸の赤を表現した「VICTORYRED(ビクトリーレッド)」カラーを採用。
・首元の内側には、過去5大会分のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置。過去20年で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、勝利をもぎ取る強い意志を表現。
・丸みを帯びた着丈の形状により、よりモダンなルックスを動きやすさを両立。

ユニフォーム購入>>

日本代表 ユニフォーム 1998 ホーム 半袖 マーキング対応 通販

日本代表 ユニフォーム。1998モデル。ホームユニフォーム。レプリカ仕様。

背景:記念すべきワールドカップ初出場モデル。袖の炎が少し小さくなったマイナーチェンジモデル。1998FIFAワールドカップフランス大会で「asics」がサプライヤーを担当して発表した。

商品特徴:

1.日本代表 ユニフォーム 1998 ホーム 半袖は日本の青を引き続き、人々に深い印象が残りました。

2.現在のVネックユニフォームと違い、ポロネックを採用しました。

3.当時(1998年)の協会エンブレムも現在と違います。

4.当時のショーツが白基調を採用しました。

限定価格:4125円

マーキング:可能(▼#8番 中田英寿、▼#9番 中山雅史などのサッカー日本代表 選手の番号とネームを自由にマーキング可能)料金別途。

サイズについて:
■Sサイズ:身長165-170cm、胸囲100cm、着丈69cm、体重60kg以下
■Mサイズ:身長170-175cm、胸囲105cm、着丈73cm、体重70kg以下
■Lサイズ:身長175-180cm、胸囲110cm、着丈76cm、体重80kg以下
■XLサイズ:身長180-185cm、胸囲115cm、着丈79cm、体重90kg以下
*広げた状態でのおおよそのサイズです(ご参考までに)。

ご購入はこちら

日本代表 ユニフォーム 2017 メモリアル 半袖 マーキング対応 販売

【時代背景】2018年ロシアワールドカップアジア予選。アディダスジャパンは4月27日、今年がワールドカップ初出場を決めた1997年から20周年に当たることを記念し、「FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム」を発表した。ワールドカップ初出場決定20周年特別企画で1997年の日本代表ユニフォームを現代に復刻する。

1997年11月16日は日本のサッカーの歴史の中で画期的な一日である。それもサッカー日本代表第1回でワールドカップ出場である。今までも人々はその日の成績を覚えている。日本の全体にも深く影響を与えた。

日本代表 ユニフォーム 2017 メモリアル 半袖の「炎」のデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表現している。高い通気性を備えた「ハイパーベンチレーションメッショ」を背面全体に採用した。袖には身体への密着度を増えした「アスレチックフィット」を採用した。

日本代表 ユニフォーム 2017 メモリアル 半袖の購入ガイド:https://jfashop.com/jfa-uniform-home-2017.html

日本代表 ユニフォーム 2016 激安通販 マーキング短納期

日本代表 ユニフォーム。2016モデル。レプリカユニフォーム。ホーム 半袖。デザイン詳細、販売情報やショッピングガイドなどは下記通り。是非ご覧ください。

【デザイン詳細】
1)アディダス・サッカー日本代表ユニフォーム史上、最も濃い青を用いたボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配している。
2)中央の赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表している。
3)襟裏には、2018年ロシアワールドカップに導く先導者の象徴として、三本足の烏の羽をプリント。
4)高い通気性を備えた「ハイパーベンチレーションメッシュ」を背面全体に採用。
5)袖には2014 年モデルとの対比で5%く、身体への密着度を増した「アスレチックフィット」を採用。
6)軽量ポリエステル糸を使用し、2014年モデル対比で10%軽量化したアディゼロを採用。
7)襟付きのユニフォームをモチーフにした伸縮性に優れたリブ仕様。
8)日本国旗はエンブレムの正上に織りワッペン縫い付け。
9)メーカーロゴは前続き「刺繍」、協会エンブレムは樹脂ワッペン縫い付け。

【販売情報】

限定価格:¥4,125円(税込)

【ショッピングガイド】

下記の写真をクリックしてすぐチェックしましょう。

日本代表 ユニフォーム 2014 ホーム 半袖 絶賛販売

日本代表 ユニフォーム。2014モデル。レプリカユニフォーム。ホーム 半袖。2014FIFAワールドカップブラジル大会で着用した。【在庫状況:あり(Sサイズのみ)】

【デザイン詳細】
・2014日本代表 ユニフォームホーム半袖が伝統的な「ジャパンブルー」を採用。
・背中上部のネオンカラーの「結束の1本線」は選手がピッチ上で円陣を組んだ際、選手、サポーターの強い絆、と勝利への想いをこめた大きな1つの「輪」になるようにデザインされている。
・結束の1本線と両袖口の配されたネオンカラーはピッチ上での選手の存在感、強さを表現。
・左胸の協会エンブレムから伸びる11本のラインは円陣後戦いに向けピッチに散らばる選手を表現。
・日本国旗、協会エンブレムは織りワッペン縫い付け。
・協会エンブレム下の「JAPAN」の文字とメーカーロゴは刺繍。

【マーキングについて】
マーキング対応で、自由にネームや胸・背番号を追加可能。

日本代表 ユニフォーム 1994 ホーム ユニフォーム 通信販売

時代背景:1994 FIFAワールドカップアメリカ合衆国は、1994年6月17日から7月17日にかけて、アメリカ合衆国で開催された15回目のFIFAワールドカップであり、チーム数は24、結果はブラジル代表が優勝を取得した。この大会から選手が着用するユニフォームの背番号の上に自身の名前(背ネーム)が入れられた。

「日本代表 ユニフォーム 1994 ホーム ユニフォーム」はアメリカW杯予選着用モデル。1次予選では前回出場国のアラブ首長国連邦を沈め、勇躍最終予選の地カタール・ドーハに乗り込んだ。宿敵韓国にも競り勝ち、最終戦のイラクに勝てば悲願達成となりましたが、後半ラストプレーで痛恨の同点弾を浴び、得失点差で出場権を逃した。

日本代表 ユニフォーム 1994 ホーム ユニフォームは日本の伝統の青を引き続き、すなわち青×白×青を採用した。当時の日本代表 ユニフォームのメーカーブランドは地元の大手総合スポーツ用品メーカーである「アシックス」。

限定価格:¥4,125円(税込)

日本代表 ユニフォーム 1994 ホーム ユニフォームをお持ち帰りなら、こちらへ。